【認知症予防】アロマの効果的な使用方法や使い方紹介!

認知症予防

リラックスや気分転換などさまざまな要素を持つアロマですが、認知症予防に効果的な使い方があるのをご存じですか?

認知症を発症することは海馬、記憶を司る脳神経がダメージを受けると考えられてきましたが、近年では海馬に直結した嗅覚を司る神経・嗅神経のダメージが原因だとわかってきました。

スポンサーリンク

認知症予防にはアロマが効果的

認知症予防

認知症は、嗅神経のダメージが徐々に海馬に伝わることで記憶機能を破壊し、脳全体の機能を低下させる事が原因です。これが、認知症のメカニズムになります。そこで嗅神経のダメージを軽減・修復することが認知症予防や改善を可能にすると考えられているのです。

認知症予防に効果的な【アロマの使い方】は続きでチェック!

アロマの効果的な使い方は?

アロマの使い方

アロマの効果的な使い方は、「適切な香りによる刺激で機能を回復させることができる」というものです。

認知症予防に対する効果的な使い方として【ローズマリー】は集中力が増します。その中でローズマリー・カンファーと呼ばれるものは神経と筋肉に働きかける力が強いとされています。このローズマリー・カンファーの精油、エッセンシャルオイルをアロマ用ペンダントなどに使用し、2時間以上香りを嗅ぐことで効果が得られます。この場合、身体を活発に活動させる昼間の方がより効果があります。

アロマの効果

また、夜はゆったりとした気分になれる【真正ラベンダー】と【オレンジスウィート】を就寝1時間前に嗅ぐといいでしょう。そうすることで安眠効果が高まり、昼と夜で自律神経の切り替えがスムーズに行うことができます。

認知症予防には食事や運動だけでなく、規則正しい生活、自律神経の切り替えがポイントになります。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加