認知症検査やテストの方法は?

認知症検査の方法

高齢化が進むことによって、認知症を発症する人が増えると考えられています。認知症は、早めに専門医の診療を受ければ、病気の進行を緩やかにすることができるといわれています。最近では、物忘れ外来という、認知症専門の診療を受けることが可能な医療機関もあります。

スポンサーリンク

認知症検査やテストについて

認知症

診断を行う方法には、認知症検査やテストなどがあります。認知症テストでは使用されることが多い、長谷川式簡易知能評価スケール(HDS-R)改訂版や、MMSE(ミニメンタルステート)では、時間、場所の見当識、計算や遅延再生、物品呼称や図形模写などの内容を、点数形式で採点し判断していきます。

また、認知症検査では一般的身体検査として、尿や血液検査、胸部エックス線撮影や心電図検査などが行われます。さらに、認知症は脳の状態を知ることも大事になりますので、脳の検査として、脳波検査や、CT(コンピューター断層撮影)、MRIなどの画像診断撮影などが実施されます。

家族への問診も重要な判断材料になる

認知症

認知症検査や認知症テストの他にも、本人やその家族に対して問診が行われ、この問診も重要な判断材料のひとつになります。

認知症と診断された人や、認知症の疑いがある人が増えていることからも、最近ではインターネットのサイトで、簡易的な認知症テストを受けることが可能となっています。物忘れが増え始めたり、不安に感じる人は、簡易的な認知症テストを試されて、専門医の診療を受ける方法もありますので、参考にされてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加