【認知症予防】体操や食事方法とは?簡単にできる方法紹介

認知症

認知症は現時点では、完治することが出来ない病気です。発症しすれば、症状の進行を緩めることが出来ても、止めることは出来ないのです!ですから、いかに認知症を予防するのかが重要となります。

予防法として効果的なのが、運動と食事です!運動と言っても、ハードなものではなく軽い体操で十分で、一日あたりおよそ30分以上行えば、予防法になります。

スポンサーリンク

認知症予防の体操や食事

【体操について】
認知症の予防方法

認知症予防体操については、様々な種類がありますが、誰でも出来る体操としてはラジオ体操でも問題ありません。むしろ、音楽と運動を組み合わせることで、脳の活性化を促しその効果はより高まるのです。

もし、年をとって体を動かすが難しいのであれば、指先を動かす体操で予防をします!指を1本、2本と立てていく、両手の指を合わせて親指から小指と順番に回していく、といった簡単にできる方法ですから、家で時間があるときに取り組むことが出来ます。

【食事について】
認知症

食事に関しても、難しものではなく簡単に出来る方法です。例えば、献立を洋食中心ではなく、和食中心にするという食事方法です。

これは和食の食事方法は、青魚や大豆、しいたけなどの認知症に深く関わりがあるという動脈硬化を予防することができるからです。簡単にできる方法ですが、もし一人暮らしで食事をつくることが出来ないというのであれば、介護用の宅配食なども活用する食事方法をとれば、栄養バランスも味も優れていますから、毎日続けられるのです。

これらの簡単にできる方法で認知症予防ができると皆が知れば、これからの高齢化社会はより良い方向へと向かうことが出来ます。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加