【認知症予防体操】拮抗体操のやり方や効果紹介

認知症予防 体操

年齢が上がってきて、自分でも物忘れがひどくなってきたと感じた時には認知症のことが頭に浮かんできます。

認知症の予防に効果的だと言われているのが認知症予防体操の拮抗体操になります。現代社会ではお年寄りだけでなく若い人も運動不足になっていると言われています。ある程度の運動を続けている人の認知症のリスクはしていない人のものよりはるかに少なくなることが分かっているので、若い人もぜひやってみてください!

スポンサーリンク

簡単にできる認知症予防法

認知症予防

「認知症予防体操が効果的!」と言われても、中高年になって急に激しい運動をすることは活性酸素を増加させてしまい、むしろ認知症のリスクを高めることにもなりかねません。普段の生活の中で少しの心がけの範囲でできる認知症予防体操を続けていくことが、中高年向けの予防法となります。

拮抗体操について

拮抗体操のやり方

脳を活性化させて認知症予防になる拮抗体操を取り入れた生活はおすすめです。やり方や効果ですが、拮抗というのは相反するということで例えば右手と左手を別々に動かすような運動になります。簡単なものでは両手を前に出してジャンケンをするなどです。この運動は考えながらしないとできないものになります。その刺激が脳の活性化につながっていきます。

拮抗体操のやり方や動画

認知症予防

拮抗体操のやり方や効果は衰えてきた機能の活性化を図るとともに、他の人とのコミュニケーションを取ったり、記憶を思い出したり、歌を歌ったり、リズム体操などをすることがあります。認知症予防体操には【拮抗体操】をはじめ、やり方や効果はたくさん種類があります。

⇒ 拮抗体操のやり方【動画】



スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加