アロマが認知症予防に効果的と話題!※たけしの家庭の医学

認知症

ABC朝日放送『たけしの健康エンターテインメント!みんなの家庭の医学』で2014年2月25日に放送されたのが、「若返りと長生きができる方法」というものです。

この放送内で、アロマが認知症予防に効果的!!と話題になりました。ここでは、その放送内容をまとめています。

スポンサーリンク

認知症に効果的なアロマとは?

認知症予防

「アロマが認知症予防に効果的」という話を紹介してくれたのは、鳥取大学の医学部で1980年代からアルツハイマーと認知症の研究をされている、代表研究者の浦上克哉先生です。浦上先生はNHKなどでも専門家として番組を担当しているなど、認知症研究者としてかなりの知名度を持たれています。

先生によると、アロマが認知症予防に効果的だということで、実際どの香りがいいのかというと、記憶力を高める刺激を与えてくれるのが【レモン】と【ローズマリー】の組み合わせだということです。また、【オレンジ】と【ラベンダー】の組み合わせは体と心を鎮静してくれるという効果があるそうです。

アロマの使い方や取り入れ方は?

認知症

記憶を高める効果や 体と心を鎮静する効果のある香りを夜と昼にわけて1週間 被験者に嗅がせるという実験をしたところ、日中快適に過ごせて認知機能もかなりの改善をみたという結果がでています。

アロマディフューザーやアロマペンダントなどを活用すれば いつもこれらの香りを嗅ぐことができますし、部屋のインテリアとしてやファッションとして取り入れやすいのではないでしょうか。ぜひ試してみてくださいね♪

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加