認知症には4つの主な種類の症状が!その特徴について

認知症

認知症は大きくわけて4種類あります。
「前頭側頭型認知症」「脳血管障害型認知症」「アルツハイマー型認知症」そして「レビー小体型認知症」です。ここでは、4つの認知症の症状と特徴を見ていきましょう。

スポンサーリンク

認知症の4つの種類とその症状

認知症の症状

【前頭側頭型認知症】
前頭側頭型認知症は側頭と前頭に脳の消失や変性がみられます。症状としては、常同行動と言われる行動が目立ちます。これは同じタイミングで同じ行動をとらないと気が済まなくなるというもので、それが乱れるとパニックになるといったこともあります。

【脳血管障害型認知症】
脳血管障害型認知症は、脳出血や脳梗塞で特定の箇所が損傷することで発症します。症状としては、ゆったりと静かにしているタイプの人と暴力的になるタイプの人といった極端なものがあります。

【アルツハイマー型認知症】
アルツハイマー型認知症は、認知症患者の約6割近くを占めています。後頭葉や側頭葉を中心とした脳の消滅や変性が特徴です。症状としては、物忘れなどの記憶障害が中心となっています。

【レビー小体型認知症】
レビー小体型認知症は症状の変動があることが特徴です。症状としては、感情や記憶が突然なくなったり復活したりというものです。また、見えていないはずのものが見える幻視が起きるのも、この種類の認知症の特徴です。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加